【お知らせ】クラウドファンディングを終了しました

公益社団法人ア・ドリームア・デイINTOKYO(以下『ドリーム』、理事長 天野功二)は、2021年8月26日(木)19:00から呼びかけをしていた、難病児とご家族の支援クラウドファンディング「難病児に夢を by オール早慶明ラグビー部」を終了しました。

ドリームは、小児科医の協力を得て、未だ治療方法が見つからない3歳から18歳までの難病児とそのご家族を日本各地から東京旅行に招待し、生きる希望を持ち、夢の旅行を叶えるお手伝いをしている法人です。昨年よりコロナ禍で招待旅行を中止しておりますが、外に出ることが出来ない難病児が家族と一緒に楽しい時間を過ごせるよう、工作キットを贈る事業を展開しています。

これまでジャパンラグビーリーグワン所属チームをはじめ、多数のラグビー選手やチームがドリームの病児支援事業にご協力下さり、たくさんの難病児とご家族が東京旅行やラグビー観戦を楽しんできました。2021年は、大学ラグビー部の方々が事業に賛同下さり、OBや現役学生の多くの方のご協力により本クラウドファンディングを立ち上げることが出来ました。46日間の呼びかけには、96名の方から695,600円のご支援をいただきました。
 

【協力チームからのメッセージ】
■慶應義塾體育會蹴球部
難病児とそのご家族の夢を実現させる為、昨年に引き続きクラウドファンディングに協力いたします。コロナ禍で外出もままならない病児が一日でも早く家族との旅行を叶えられるよう、塾蹴球部一同願っております。ラグビーワールドカップをきっかけにラグビーファンも増えつつありますが一層多くの方に応援頂く為に、また安心して応援に来ていただく日を願い、今はボランティア活動にも取り組んでおります。引き続き慶應義塾體育會蹴球部を応援してください。

■明治大学体育会ラグビーフットボール部
Dreamの活動について話を伺い、日本各地で闘病しているお子さんたちのことを知りました。少しでもお役に立てればと願い、私たち明大ラグビー部もクラウドファンディングに参加・協力いたします。現在はコロナ禍で弊部の活動にも様々な制限がありますが、そんな時だからこそ誰かの夢を後押しする一助になればと願い、このようなボランティア活動にも力を入れていきます。ファンの皆様にも、グッズの購入で応援をいただけますと幸いです。

■早稲田大学ラグビー蹴球部
昨年に続き、難病児の夢をかなえるクラウドファンディングに協力いたします。早稲田大学ラグビー部は、昨年のご協力を通して難病児やそのご家族の存在を知ることが出来ました。病児とご家族に楽しい時間を過ごして頂けるよう、今年も微力ながらお手伝い致します。今は誰もが制約の多い生活をしていますが、弊部のグッズを購入し、難病の子供たちに夢の時間を贈ることにぜひご協力ください。そして、コロナが落ち着いた暁にはぜひ試合会場にもお越しください。

   

Comments are closed.

Powered by WordPress and Bootstrap4